水とごま油だけで簡単にパリッと焼けちゃう餃子の焼き方

水とごま油だけで簡単にパリッと焼けちゃう餃子の焼き方

こんにちは!エリですv(´∀`*v)ピース

私は、餃子が大好きで冷凍餃子を大量に買ってきて家にストックしてますー。

ただ、冷凍餃子って、焼こう!と思ってもなかなかきれいに焼けないよ・・・・

ってお悩みの方も多かったするんですよね。そこで、今回は、水とごま油だけできれい焼けちゃう餃子の焼き方についてご紹介していきます!

用意するレシピ

早速ですが、用意するレシピは、4つだけ。

  • 冷凍餃子(10個)
  • 油(適量)
  • 水50ml
  • ごま油

ごま油だけ調達しておけば、あとは楽ちんです。

それでは、焼き方について次で紹介しちゃいます。

焼き方の手順

その1:まずは冷凍餃子をお皿に用意

フライパンに乗せられる程度の数の冷凍餃子を用意しましょう!

ここは、フライパンの大きさと冷凍餃子の大きさによりますが、私は一口サイズの餃子10個程度にしました。

肉のハナマサの冷凍餃子10個

お水は、10個で50mlで準備してください!もし、餃子の数が多くなる場合は、それに応じて増やすとよいです!

1個あたりで、5mlという感じで計算するといいです( ´ ▽ ` )ノ

その2:フライパンに油を引いて強火で加熱

フライパンに油をひいて強火で加熱しましょう!油を引く量は適量でよいです!

厳密には、大さじ1杯くらいですが、水を入れて焼くのでそこまで厳密にでなくてOKです。

サラサラっと投入する感覚で全く問題なし!

手をかざして熱量を感じたら次のステップです(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

その3:フライパンを弱火にして冷凍餃子を投入

火力を弱火にして、冷凍餃子を敷き詰めていきましょう!冷凍なので、弱火にしないと水分と油が反応してバチ!と跳ねます・・・

一つ一つ並べて置くと、出来栄えもきれいになります(*´ω`*)

ホイホイって感じで並べ終えたら、次のステップです!

その4:フライパンを一気に強火にして水50mlを投入!

餃子を敷き詰めたら、火力を一気にMAXにしちゃいましょう!

火力を一気に強くしたら、すぐに水を50mlを投入です(。゚ω゚) ハッ!

水を入れてフライパンで加熱

そして、すぐに蓋をしてそのまま5分ほど加熱ー。

ひたひたになっちゃった??って感じるかもしれませんが、蒸しながら焼くのが基本なので問題ないです!

仮に蓋を開けたときに水分が残っていても、すぐに蒸発するので気にしないでOK

5分ほど待ったら次のステップです!

その5:フタを開けたら、ごま油を投入!

フタを開けると、餃子がある程度焼けているかと思います!

水分が少し残っている場合は、そのままフタを開けて加熱して蒸発するまで待機ですー

水分がほぼなくなったかな???となったら、そのまま餃子に、ごま油を適量かけていきましょう!

餃子が並んでいる隙間に投入するイメージだと良いです!このごま油が良い感じの焼き色をつけてくれます!

ごま油を投入して、1~2分ほど焼いたら完成ー

その6:ラストはお皿に盛り付けて完成!

ごま油がいい感じで羽つき餃子を作ってくれます!

冷凍餃子の完成

水だけだと、なかなか焼き色がうまく付かなったりするのですが、ごま油が焼き色をいい感じでつけてくれます!

火力は常に強火で良いです!弱火にすると、焼色がきれいにつくまで時間がかかるので、ごま油を入れても強火をキープです。

ごま油がフライパンへのくっつきも予防してくれるので、カリカリに仕上がってかつ、剥がれやすくなります(*´ω`*)

まとめ

ということで、今回は簡単らくらくに仕上げる餃子の焼き方でしたー!

ごま油を1つ使うだけで、きれいに餃子が焼けちゃいます!

ごま油は、塩キャベツを作ったり、鶏ガラスープに入れるとコクが出たりもするので、ぜひとも家庭に1つは常備しておくと良いです!

私も、最初は小さいサイズのごま油だったのですが、餃子を焼いたり、塩キャベツ作ったりで、活躍することが多いので、最近、大容量のものを買いました!

餃子はコスパもいいので、肉のハナマサや業務用スーパーでドサッと買って、ぜひぜひ美味しい餃子を焼いちゃってくださいー(´д`)ェェエエ工

手料理カテゴリの最新記事