You tube データ解析<初級編>

Youtubeを始めるにあたって必要なデータを解説していきます。

数字を管理できないと確実にYoutubeは伸びません!

そこだけはしっかり頭に入れましょう。

僕がYoutubeを始めて
約6年が経ちます。
自分自身で動画投稿をしてきた時期もありましたが
今は動画制作をする方に、注力をしている状況です。

今のYoutubeは昔みたいに
ライバルが少なく簡単に
再生されて簡単に稼げる!
と言ったそんな時代ではなく
市場も大きくなって
コンテンツも、より精密に
精査されております。

まさに、、、

Youtube「戦国時代」に
突入しております。

普通に編集した動画をアップするだけでは再生数も
伸びないでです。

そこでみなさんに意識していただきたいのは、数字です。

Youtubeにはアナリティクス
という数字を見れる箇所が
あります。

これは、自分の動画がどういう風にデータを残してるのか?
過去の動画がどのような
データを残してるのか?

隅から隅まで、細かい数字がアナリティクスで確認できます。

ここの数字の管理ができないと、今のYoutubeは話に
なりません。

このコンテンツでは
そこの大事な数字の部分の

「初心者の方に向けた」

数時管理を、3つお伝えしようと思います。
KOJI SUZUKI
creator

インプレッション

クリエイターが動画をアップロードすると、YouTube はその動画を関連性の高い視聴者に表示し始めます。

 

YouTube のシステムは多くの要因に基づいて、どの視聴者がその動画を見る可能性が高いかを判断します。

 

YouTube から削除されない限りYouTube のシステムはその動画を視聴者に表示し続けます。

ANSER

インプレッションされないと、そもそも動画自体が再生されません。

 

インプレッションされるにはYoutubeに気に入られる必要

あります。

そのチャンネルがどうやってYoutubeに評価をして

もらえるのか?

 

それは視聴者のアクションです。

 

視聴者のアクションとはコメントやいいね!といった視聴者の

起こしたアクションが

Youtubeの評価になります。

インプレッションクリック率

インプレッションのクリック率は、YouTube でのインプレッションの

うち何パーセントが視聴につながったかを示します。

 

これは、YouTube でインプレッションの後に視聴者が動画を視聴した頻度を測定したものです。

 

 

動画の人気が高まるにつれて

幅広い視聴者にも表示され

インプレッション数が増加することがあります。

 

熱心なファン以外の視聴者層が

拡大するため

クリック率が低下することがありますが、全体的な視聴回数と総再生時間は増加する可能性があります。

ANSER

インプレッションクリック率は

その動画のタイトルやサムネイルがいかに視聴者に興味を持たせたのか?の答え合わせになります。

 

Youtubeはそれをアナリティクスといったデータ解析を見て数値化してくれているのでそちらで確認をしていきます。

視聴維持率

視聴者維持率は、動画がどれぐらい視聴されているかを

測る目安になります。

 

YouTube で、視聴者が動画をどれぐらい見続けたのかを確認できます。

 

また、視聴者がいつ視聴を

停止したかもわかります。

 

 

視聴者がいつ視聴を停止したかを知ることによりその理由を考察することができます。

ANSER

これはどれだけあなたの

動画がおもしろかったのか?

視聴者の為になったのか?

を表す数値になります。

 

ここでの数値が高いほどあなたの動画の評価が高いと勘違いされる方がいるのですがこれは間違いで

1分の動画だったら維持率は高く出ます。逆に1時間の動画だったら維持率は低く出ます。

 

ここで大事になってくるのが動画分数とのバランスです。

これを細かく語ると、ここには書ききれないので別途お伝えします。

 

他にも複数の数字を管理します

チャンネル登録者数

アップした動画からのチャンネル登録の増減を知ることによって、その動画が好評だったのか?などを分析していきます。

いいね!%率

いいね!はその動画が視聴者にとってどれだけ良かったのか?のバロメーターになります。 ここの%が少ないほど関連動画に載らなかったりもするので要チェックしましょう。

登録者再生数

チャンネル登録してる人が、どれだけあなたの動画を見てるかがわかる指標になります。 これによってどれくらいの%の方がファンなのかを洗い出すことによって、あなたのチャンネルの方向性を見つけることができます。

未登録者再生数

登録者再生数とは逆にあなたのチャンネル登録をしていない人があなたの動画をどれだけ視聴したか?の数値になります。新規顧客などはこの数値が高ければ顧客獲得のチャンスが強いと見分けることができたりします。

コメント数

いいね!と同じような原則で、視聴者からの評価バロメーターになります。アンチコメントでも、コメントがあって、いいね!の評価など高ければYoutubeではいい動画と判断されることが多いです。

動画アップ時の初動数

動画をアップしてからの1時間〜6時間くらいまでの初動というのは必ずチェックしましょう。それがこれからあなたが動画をアップする上での指標になります。

Youtubeの数時管理

ここからはもっと具体的に
細かい部分を見ていきます。

Youtubeにはマリオカートで言うと
スターはないけど、キノコはあります。

キノコは簡単に言うと加速装置みたいなものです。

キノコを集めまくればあなたはきっと思ったような
Youtubeを展開する事ができるでしょう。

まずは1つ1つこなしていき
継続することがあなたの近道になります。